はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。

カテゴリ: 小仏 kobotoke

無題20








普賢菩薩坐像  三尊       
Fugen bosatu za zou san zon
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W7cm     H6cm      D2.8cm     厨子外寸



普賢菩薩は、単独で祀られることもありますが、
大多数が文殊菩薩と共に釈迦如来の脇持に置かれております。
こちらの厨子仏は普賢菩薩を中心にした三尊。
この三尊の形式は見たことがなく、初めて見る組合わせです。

もしかすると、普賢菩薩を無理やり後から付けたものと疑ってしまうところ…。
注意して右隣りの観音像と見比べていただくと、
顔立ちや髻、衣文、瓔珞の作行きに共通点が見られ、
岩座と台座の接合部分も自然なことから、
間違いなくこの三尊形式に作られたようです。

この観音像につきましては、持物が失われておりますが、聖観音菩薩と思われます。
右手には蕾の蓮華を持っていたようです。左手は指先で花弁を摘むように添えられています。
左隣の愛染明王は後ろの六臂、持物も含め一材から彫りだされており、
頭頂の獅子冠にはしっかり五鈷も付いております。

残念ながら、普賢菩薩の両腕が欠損しています。
厨子の扉も傷んでおり、台座の蓮弁につきましてはほとんど剥落しております。

厨子の内寸は幅6.5×高さ5cmですが、この空間によく納まっていると感心します。
小さいながらも、お顔も優しく、ぜひ実物をルーペでご覧いただきたいと思います。

でも、なぜこの三尊なのか理由は分かりません。








詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです


無題22無題21L-9608L-9611L-9609無題24


hanarakan7544 2000









11面観音立像              
Jyuichimen kannon ryu zou
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W5.5cm     H12.5cm     D4.5cm     厨子外寸


腰を軽く捻り、右足を曲げ動きのある姿で表されております。
頭上に10の顔があり、頭頂部の化仏は如来の顔になっております。
あらゆる方向に顔を向け、人々を救済する超人的な能力を具現化した造形とのこと。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     中央にある全身が表された化仏も如来ですが、こちらは頭冠の装飾のようです。

左手に水瓶、右手に数珠を持っております。

金箔の上に透き漆をかけ、厨子も立派な出来栄え。
透かし彫りの金具も手が込んでいます。






hanarakan7545 2000hanarakan7549 2000hanarakan7550 2000hanarakan7548 2000




詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです

↑このページのトップヘ