はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。

カテゴリ: 小仏 kobotoke

20180207_hanarakan3700











   W4cm     H7cm      D3cm     厨子外寸

       
詳細・価格はお問い合わせください メールフォームは こちらです





こちらの愛染明王は本体の高さが2cm程度でございますが、
ほぼ木地のまま仕上げられ、蓮弁も一枚ずつ彫刻されています。
よく見ていただくと、持物も全部揃っていることが分かります。
逆立った髪や着衣、胸元の装身具にも彩色がされております。

一般的に、体だけでなく光背から蓮弁まで、
赤いイメージが強い愛染明王ですが、
これは仏教で説かれているところの、
煩悩愛欲の激しさを象徴しているそうで、
愛染明王はその煩悩を、
清らかな菩提の心へと導く仏さまとのことです。

蓮華座を支える壺も特徴的で、
宝珠やら貝やら宝物が溢れだすとても賑やかなものもございます。

江戸時代には、この壺を藍染めに使われる藍壺に見立て、
愛染と藍染の語呂もよく、染織関連の人々からも信仰されておりました。

通常の愛染明王は一面六臂の姿で、手前の手に金剛鈴と金剛杵を、
二番目の手にに弓と矢を、三番目の手に蓮の花を持っており、
左手(左第三手)は持物を持たずに握り拳で表ます。

一部の仏画では左第三手に、日輪や宝珠、輪宝、甲冑、人頭、鳥など、
異なる持物を持つ姿で表されております。
どうやら本来の愛染明王は、私的なお願いをするほとけさまだったようで,
左第三手は祈願の目的により持物を変えて描き、
願いを書いた紙を左第三手の裏側に貼り付けて、
彫像ならば、獅子冠の口に入れて、祈祷がおこなわれていたようです。

平安時代の貴族たちが成功や出世、健康、寵愛などを願う様子が、
その頃の日記や記録に残されているとのこと。





愛染明王坐像        Aizen myouou zazo

江戸時代             Edo period 17~19 century 



20180207_hanarakan370320180207_hanarakan3704IMG_275520180207_hanarakan370720180207_hanarakan3705


20180207_hanarakan3688











     W5cm     H9.5cm      D3cm     厨子外寸
          
詳細・価格はお問い合わせください  メールフォームは こちらです



地蔵菩薩は、皆様ご存じのとおりお地蔵さんと呼ばれ、
昔から慣れ親しまれたほとけさまです。
これまで身分に関わらず大変多くの人々から、
どこであってもすべての苦しみから救済してくださるほとけと信仰されてきました。
田植え地蔵、身代わり地蔵、延命地蔵、腹帯地蔵、子守地蔵、将軍地蔵などなど、
鎌倉時代にはすでに多用な地蔵信仰があり、
今に至るまで親しまれてきた歴史がございます。

こちらの地蔵菩薩の像高は4.5cmです。
左手に宝珠、右手に錫杖を持っています。
体部は素地のまま仕上げられ切金で装飾、
口元と嬰珞は彩色、蓮弁、台座、光背は金泥彩色です。
足先と蓮弁、宝珠を持つ左手ににわずかな疵がございますが、
全体的には状態も良く丁寧に作られております。

一般的に地蔵菩薩の坐像は、
蓮華座の上で足を組み合わせて座る姿が大半ですが、
こちらの地蔵菩薩は左足を前に下げております。
この姿は少し珍しく半跏像とよばれております。
日本では平安時代の終わり頃、盛んに作られていたようです。

敦煌莫高窟の壁画にも頭巾を被った地蔵菩薩が同様に描かれており、
地蔵菩薩の半跏の姿は、形式として大変古いようですが、
なぜその姿で表されたのかは分かっていません。

釈迦の入滅後、弥勒仏が現れるまでの間、
地蔵菩薩が衆生の救済につとめることから、
兜率天で修業中の弥勒菩薩と同じ姿で表されたという説があるとか。


時折、地蔵菩薩に若者の容貌に表されることがあります。
単に造立願主の好みもあると思われますが、
鎌倉時代に“若き僧”のような容姿麗しい姿が好まれていた時期があったようです。

滋賀県愛荘町の仏心寺に伝わる地蔵菩薩は、
右手に錫杖の代わりに矢を持つ姿で表されております。

この地蔵菩薩には、
平諸道の父が合戦の最中、矢を射つくして苦境に立たされ、
氏寺の地蔵菩薩に救いを念じると、“小法師”に姿を変えた地蔵菩薩が現われ、
矢を拾い集め助けてくれたという矢取地蔵の説話も共に伝えられております。

仏になり代わり人々を救済すると信じられた地蔵菩薩には、
この説話のように、その姿を"若き僧""小さき僧"に身を変えて現れ霊験を示すという説話が、
いくつも残されているそうです。

耳にした"若き僧""小さき僧"に身を変えた地蔵菩薩のご加護を受けたく、
地蔵菩薩を"若き僧”のような容姿麗しい姿に造る。そのような背景があったようです。

少々時代が離れておりますが、
こちらのお地蔵さんもなかなか麗しいお顔をされています。
よく見ると、白毫も無いので、ますますお坊さんに見えてきます。





地蔵菩薩坐像         Jizo bosatu zazo(ksitigarbha)
江戸時代                 Edo period 17~19 century



2018.2.23


20180207_hanarakan3691 20180207_hanarakan3692 20180207_hanarakan3696

無題20








普賢菩薩坐像  三尊       
Fugen bosatu za zou san zon
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W7cm     H6cm      D2.8cm     厨子外寸



普賢菩薩は、単独で祀られることもありますが、
大多数が文殊菩薩と共に釈迦如来の脇持に置かれております。
こちらの厨子仏は普賢菩薩を中心にした三尊。
この三尊の形式は見たことがなく、初めて見る組合わせです。

もしかすると、普賢菩薩を無理やり後から付けたものと疑ってしまうところ…。
注意して右隣りの観音像と見比べていただくと、
顔立ちや髻、衣文、瓔珞の作行きに共通点が見られ、
岩座と台座の接合部分も自然なことから、
間違いなくこの三尊形式に作られたようです。

この観音像につきましては、持物が失われておりますが、聖観音菩薩と思われます。
右手には蕾の蓮華を持っていたようです。左手は指先で花弁を摘むように添えられています。
左隣の愛染明王は後ろの六臂、持物も含め一材から彫りだされており、
頭頂の獅子冠にはしっかり五鈷も付いております。

残念ながら、普賢菩薩の両腕が欠損しています。
厨子の扉も傷んでおり、台座の蓮弁につきましてはほとんど剥落しております。

厨子の内寸は幅6.5×高さ5cmですが、この空間によく納まっていると感心します。
小さいながらも、お顔も優しく、ぜひ実物をルーペでご覧いただきたいと思います。

でも、なぜこの三尊なのか理由は分かりません。








詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです


無題22無題21L-9608L-9611L-9609無題24


hanarakan7544 2000









11面観音立像              
Jyuichimen kannon ryu zou
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W5.5cm     H12.5cm     D4.5cm     厨子外寸


腰を軽く捻り、右足を曲げ動きのある姿で表されております。
頭上に10の顔があり、頭頂部の化仏は如来の顔になっております。
あらゆる方向に顔を向け、人々を救済する超人的な能力を具現化した造形とのこと。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     中央にある全身が表された化仏も如来ですが、こちらは頭冠の装飾のようです。

左手に水瓶、右手に数珠を持っております。

金箔の上に透き漆をかけ、厨子も立派な出来栄え。
透かし彫りの金具も手が込んでいます。






hanarakan7545 2000hanarakan7549 2000hanarakan7550 2000hanarakan7548 2000




詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです

↑このページのトップヘ