はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。


20161006_hanarakan4298














弥勒菩薩座像     Miroku bosatu zazou
18世紀 江戸時代    18th Cetury Edo period
W47.5㎝ H86.5㎝ D37㎝ 光背台座含む







20161006_hanarakan428720161006_hanarakan428620161006_hanarakan429320161006_hanarakan429620161006_hanarakan429520161006_hanarakan429020161006_hanarakan428920161006_hanarakan4288









20160923_HANARAKAN3825











愛染明王坐像             Aizen myouou za zou
18世紀 江戸時代      18 century Edo period
W6cm     H10.5cm     D5cm










20160923_HANARAKAN382920160923_HANARAKAN382820160923_HANARAKAN3826


IMG_2442


















磨製石斧                  Polished stone axe
縄文時代後~晩期      BC20th-4th century, late~final Jomon period
寸法                        L14cm  W5.5cm   D2.5cm    



石斧は字のとおり石の斧。
木を切り倒すための道具です。
現代の道具と比べると少し頼りないですが、
間違いなくその役目を果たすそうです。
切り出された原木は、住居の柱や丸木舟、
また身の回りの木製品の材料にも用いられ、
石なれど、縄文人の生活に充足をもたらしてきたことと思われます。

以前、斧らしからぬ、大変整った形の石斧を見たことがあります。
丁寧に造られ研磨された流線型の姿はとてもきれいで、
見た瞬間の印象が今でも忘れられません。

今回掲載させていただく、
この石斧は、見た目より重く、手に取ると重量感があります。
全体を丁寧に研磨し、表面はとても滑らに仕上げられています。
側面に至るまでよく研磨されており、
触るとつるつるした滑らかな感触が心地よいです。

側面に縞模様があり、堆積層が見えています。
石材は分かりませんが、緑色凝灰岩でしょうか?
磨製石斧の材料には、石質が均一で緻密な石材が選ばれており、
安山岩、蛇紋岩、緑泥片岩、砂岩の石がよく使われているそうです。
石材の見極めもしていたことと思われます。

良く見ると、ところどころに表面には剥離痕が残されています。

石斧は採取した原石をハンマーで何度も敲いて成形し、
最後に砥石で磨き仕上げられます。
深く抉れたり、大きく剥離していたり、
部分的に研磨されていたりする剥離痕は
成形時の敲打の痕跡のようです。
見ていると、石斧を作る縄文人の姿が目に浮かぶようです。

この痕、これはこれで見所なのかもしれません。




IMG_2443IMG_2445IMG_2446IMG_2447IMG_2448






↑このページのトップヘ