はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。


IMG_4035













石鏃、骨角器、貝輪、石斧、石製模造品など
表面採集された考古遺物のコレクションです。
以前は都内でも拾えるところがあったそうです。
大雨の後、畑の畔道や崖の斜面で見つけることができたとか。

眺めていると見慣れぬものがありました。

刳り抜かれた牡蠣の殻。
腕に通すには穴が小さいように見えますが、
装飾品のようです。
ドーナッツ状の骨角器。
用途がちょっと分かりません。
穿孔された石器2点。
東台・磨製と書かれています。
弥生時代の磨製石鏃のようです。
饅頭のような土器。
良く見ると沈線で模様が描かれております。
黒曜石の石鏃。
とても調べきれませんが、
どこから来た黒曜石か分かると面白いです。

縄文時代から古墳時代まで、
様々なものが採取されており驚かされます。

どれも几帳面に採取した場所が残されておりました。
整理され並べられた遺物から、
古代にも昭和にもイメージが膨らみ
時間を忘れ眺めてしまいます。

三殿台遺跡は横浜市磯子区にある標高50メートルの小高い丘で、
10,000平方メートルの平らな場所があるそうです。
縄文時代から古墳時代のムラの遺跡が見つかっております。
およそ250軒の住居跡があったそうです。
明治30年ごろには、遺跡の存在が知られていたようですが、
昭和36年に隣接する学校の拡張工事に伴い、全体の調査が行われました。

他の採取地も横浜市内です。
仏向貝塚      横浜市保土ヶ谷区
東台        横浜市鶴見区
杉田貝塚      横浜市磯子区
山王(台?)貝塚    横浜市南区 



地域の資料館に展示されていて欲しい資料なのですが…。



IMG_4034IMG_4045IMG_4031IMG_4037IMG_4040IMG_4039IMG_4041









2019.3.25

s-5264








 弥生時代  W10.5cm     D5cm   



石包丁は、稲の穂を刈り取るために用いられた石器です。
二か所の穴は、指を掛ける紐を通すためのものです。
両側からすり鉢状に穿孔されております。

稲作は縄文時代の終わり頃に始められており、
九州北部のような先進地域より、
段階的に稲作が広まっていったそうです。

青森県弘前市の砂沢遺跡は弥生時代前期の遺跡で、
東日本最古の水田跡が見つかっております。
関東平野よりも先に稲作が取り入れられていたことに驚かされます。




価格 35,000

詳細はお問い合わせください


メールフォームは こちらです




2018.5.29

s-5263s-5264


hanarakan7544 2000









11面観音立像              
Jyuichimen kannon ryu zou
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W5.5cm     H12.5cm     D4.5cm     厨子外寸


腰を軽く捻り、右足を曲げ動きのある姿で表されております。
頭上に10の顔があり、頭頂部の化仏は如来の顔になっております。
あらゆる方向に顔を向け、人々を救済する超人的な能力を具現化した造形とのこと。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     中央にある全身が表された化仏も如来ですが、こちらは頭冠の装飾のようです。

左手に水瓶、右手に数珠を持っております。

金箔の上に透き漆をかけ、厨子も立派な出来栄え。
透かし彫りの金具も手が込んでいます。






hanarakan7545 2000hanarakan7549 2000hanarakan7550 2000hanarakan7548 2000




詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです

↑このページのトップヘ