はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。



IMG_0995
  狛坂寺跡磨崖仏     滋賀県栗東市荒張
 Buddha image in the cliff at site of Komasaka temple
   Ritou city, Shiga prefecture








栗東市金勝山にある狛坂寺跡磨崖仏を訪ねました。
横ヶ峯展望所より片道2キロ高低差150メートルの登山道を進みます。

途中、龍王山の尾根を歩きます。
花崗岩がボロボロと風化したところがあり何度も小石に足をとられました。

苦労してたどり着くと、まず磨崖仏の大きさに驚きました。


たて6.3メートル、よこ4.5メートル。
中央の如来座像は高さ2.2メートル。
肉厚に彫られた姿はとても立派で予想以上に大きく感じました。

制作期については、狛坂寺の創立期(平安時代初期)とも言われますが、
作風に統一新羅彫刻の影響が見られるため、
奈良時代後期の渡来人の造像と考えられているそうです。

かつては瓦ぶきの覆い屋があったようで、岩の上部に構造物のためのほぞ穴があり、
付近からも当時の軒先瓦が見つけられているとのこと。










IMG_0978IMG_0979IMG_0981IMG_0985IMG_0996IMG_0997


1





















河津平安の仏像展示館    静岡県賀茂郡河津町
Kawazu Heian Buddha Statue Pavilion
Kwazu Town, Kamo County, Shizuoka prefecture


下田街道を進み南伊豆の河津町へ行きました。
河津川の河口から少し離れたところに河津平安の仏像展示館があります。
展示館は丘陵の斜面にあり、駐車場から展示館まで、急な階段を少し登ります。
こちらでは、隣接する南禅寺の薬師堂に伝わる仏像群が展示されております。
館長さんに親切に説明していただき、とても良い展示施設でした。

南禅寺はかつて那蘭陀寺と呼ばれ、七堂伽藍を備えた大きなお寺でした。
室町時代に山津波にのみこまれ、仏像もろとも倒壊し埋没してしまったそうです。
展示されている仏像は危うく難を逃れたものと、
後日土中から掘り出されたものだそうです。

現在は24体の平安時代の仏像が展示され、20体以上の仏像の断片が保管されております。

その多くがカヤ材より彫造された平安時代前半の仏像とのことです。
カヤ材の一木造りの仏像がこれほど集中しているお寺は珍しく、
奈良や京都など西日本の仏教圏の地域以外では、非常に稀なことだそうです。

この仏像群が、なぜ伊豆半島の河津に伝えられてきたのか、興味深く拝聴しました。





2016.9.3

567234

IMG_1052











IMG_1055IMG_1057











  かんなみ仏の里美術館 静岡県田方郡函南町 
  Kannami Buddha statues Museum
  Kannami Town, Takata County, Shizuoka Prefecture








慶派仏師實慶の阿弥陀三尊像を一度拝見したく、立ち寄りました。

かんなみ仏の里美術館は、
桑原薬師堂に伝わる24体の仏像群のための美術館です。
二棟のお堂を連結したようなデザインで、とてもモダンな建物です。
内部の展示スペースもとても見やすく設計されていました。















かつて桑原には、薬師堂に伝わる阿弥陀三尊を奉るお堂があったそうです。

鎌倉幕府の記録書「吾妻鏡」には、
桑原に北条時政の嫡男、宗時の墳墓堂があり、
北条時政により建立されたことが書かれているとのこと。
このことから、この桑原薬師堂に伝わる阿弥陀三尊像も、
その時に造像されたと考えられているそうです。

また、阿弥陀三尊が造られる以前にも、
桑原には七堂伽藍の大きなお寺もありました。

箱根神社に伝わる「箱根山縁起」によると、
箱根山神社の開祖万巻上人が他界した際、
弟子たちが上人が愛した桑原に
七堂伽藍を持つ小筥根新光寺を建立したそうです。
同じく薬師堂に伝わっていた仏像群は、
この小筥根新光寺に関係したものだと伝えられております。
中で最も古い薬師如来像は、
造像が平安時代中期頃と推測されており、
小筥根新光寺の本尊であったそうです。

桑原薬師堂自体も明治30年代に桑原の有志により、
仏像群の散逸を防ぐために建てられたとのこと。
この仏像群は平成20年、函南町に寄贈されるまで、
桑原地区の方々によって守られてきました。

仏像の素晴らしさもさることながら、
平安時代から今に至る桑原の歴史に驚かされる。






      
img018img017





頂いたパンフレット


↑このページのトップヘ