IMG_1052











IMG_1055IMG_1057











  かんなみ仏の里美術館 静岡県田方郡函南町 
  Kannami Buddha statues Museum
  Kannami Town, Takata County, Shizuoka Prefecture








慶派仏師實慶の阿弥陀三尊像を一度拝見したく、立ち寄りました。

かんなみ仏の里美術館は、
桑原薬師堂に伝わる24体の仏像群のための美術館です。
二棟のお堂を連結したようなデザインで、とてもモダンな建物です。
内部の展示スペースもとても見やすく設計されていました。















かつて桑原には、薬師堂に伝わる阿弥陀三尊を奉るお堂があったそうです。

鎌倉幕府の記録書「吾妻鏡」には、
桑原に北条時政の嫡男、宗時の墳墓堂があり、
北条時政により建立されたことが書かれているとのこと。
このことから、この桑原薬師堂に伝わる阿弥陀三尊像も、
その時に造像されたと考えられているそうです。

また、阿弥陀三尊が造られる以前にも、
桑原には七堂伽藍の大きなお寺もありました。

箱根神社に伝わる「箱根山縁起」によると、
箱根山神社の開祖万巻上人が他界した際、
弟子たちが上人が愛した桑原に
七堂伽藍を持つ小筥根新光寺を建立したそうです。
同じく薬師堂に伝わっていた仏像群は、
この小筥根新光寺に関係したものだと伝えられております。
中で最も古い薬師如来像は、
造像が平安時代中期頃と推測されており、
小筥根新光寺の本尊であったそうです。

桑原薬師堂自体も明治30年代に桑原の有志により、
仏像群の散逸を防ぐために建てられたとのこと。
この仏像群は平成20年、函南町に寄贈されるまで、
桑原地区の方々によって守られてきました。

仏像の素晴らしさもさることながら、
平安時代から今に至る桑原の歴史に驚かされる。






      
img018img017





頂いたパンフレット