はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。

IMG_2442


















磨製石斧                  Polished stone axe
縄文時代後~晩期      BC20th-4th century, late~final Jomon period
寸法                        L14cm  W5.5cm   D2.5cm    



石斧は字のとおり石の斧。
木を切り倒すための道具です。
現代の道具と比べると少し頼りないですが、
間違いなくその役目を果たすそうです。
切り出された原木は、住居の柱や丸木舟、
また身の回りの木製品の材料にも用いられ、
石なれど、縄文人の生活に充足をもたらしてきたことと思われます。

以前、斧らしからぬ、大変整った形の石斧を見たことがあります。
丁寧に造られ研磨された流線型の姿はとてもきれいで、
見た瞬間の印象が今でも忘れられません。

今回掲載させていただく、
この石斧は、見た目より重く、手に取ると重量感があります。
全体を丁寧に研磨し、表面はとても滑らに仕上げられています。
側面に至るまでよく研磨されており、
触るとつるつるした滑らかな感触が心地よいです。

側面に縞模様があり、堆積層が見えています。
石材は分かりませんが、緑色凝灰岩でしょうか?
磨製石斧の材料には、石質が均一で緻密な石材が選ばれており、
安山岩、蛇紋岩、緑泥片岩、砂岩の石がよく使われているそうです。
石材の見極めもしていたことと思われます。

良く見ると、ところどころに表面には剥離痕が残されています。

石斧は採取した原石をハンマーで何度も敲いて成形し、
最後に砥石で磨き仕上げられます。
深く抉れたり、大きく剥離していたり、
部分的に研磨されていたりする剥離痕は
成形時の敲打の痕跡のようです。
見ていると、石斧を作る縄文人の姿が目に浮かぶようです。

この痕、これはこれで見所なのかもしれません。




IMG_2443IMG_2445IMG_2446IMG_2447IMG_2448





詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです
東京都板橋区大谷口上町13-10
Tel 03-5965-0508


shimotakamiya












   宗像大社辺津宮 下高宮祭祀遺跡   福岡県宗像市田島
   Munakata taisya shrine Hetsumiya Shimotakamiya ritual site
   Tajima, Munakata city Fukuoka Prefecture
  



下高宮祭祀遺跡は宗像大社辺津宮社殿の背後にある高台の中腹にあります。
沖津宮のような巨石はありませんが、同じ露天祭祀が行われてきた場所とのこと。
現在は、遺跡の一部が高宮祭場として整備されており、秋季大祭には、
ここで神奈備祭が行われております。

この辺りから、釣川の河口や大島へ続く海を見渡すことができましたが、
今回は高宮祭場を参拝するだけで、あまり長くは滞在しませんでした。

後日、調べてみると、付近の複数個所から土器や滑石製品などが採集されており、
また、この高台の山頂部に古墳があったことを知りました。

高宮祭場の東側では石製模造品の舟形が採集されており、
その場所は、ちょうど海の方を眺めていた所のすぐ横でした。

西側と北側の斜面からも須恵器や土師器が採集されており、
その一部は布留式最古段階のようです。

沖ノ島や大島からも同じ頃の古式土師器が発掘されており、
沖ノ島で岩上祭祀が始まる前に、下高宮祭祀遺跡、沖ノ島と大島で、
土器を主体とする在地の祭祀がすでに行われていたと考えることもできるようです。

山頂の古墳は、上高宮古墳と呼ばれ、4世紀後半に築造された直径23mの円墳です。
社家の祖神伝承地とのことで、今は祠があるそうですが、
一般の方の立ち入りはできません。

江戸時代の初め社殿の修復の際に、
風除けの土塁を造るため掘り下げたところ、箱式石棺が出てきたそうです。
中から、鏡12点の根72点太刀2点が見つかりましたが、そのまま埋め戻されました。

大正15年には、福岡県と史跡名勝天然記念物調査会が調査することになりました。
石棺には赤色顔料塗られており、
鏡1点、銅鏃6点、勾玉20点、管玉11点、蕨手刀子2点,刀子2点、鉄斧2点、鉄鏃40点、
鉄剣4点以上、鉄刀2点以上、短甲、滑石製品が発掘され神宝館へ寄託されました。
一部は宗像郷土資料館へ寄贈されているとのことです。

昭和12年には第三宮跡(現在の第三宮と護国神社の間の辺り)で
倣製鏡、短甲形石製模造品や土器が出土しています。

また、第二宮跡周辺(結婚式場の横の道と下高宮旧参道が交差する辺り)で
鏡や太刀が度々出土していたことが江戸時代の文献で伝えられております。

最後の写真は頂上部にある祠への参道のようです。

2017.7.30


annai kanban 2annai kanban 1uetakamiya


hanarakan7544 2000












腰を軽く捻り、右足を曲げ動きのある姿で表されております。
頭上に10の顔があり、頭頂部の化仏は如来の顔になっております。
あらゆる方向に顔を向け、救済する超人的な能力を具現化した造形とのこと。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     中央にある全身が表された化仏も如来ですが、こちらは頭冠の装飾のようです。

左手に水瓶、右手に数珠を持っております。

金箔の上に透き漆をかけ、厨子も立派な出来栄え。
透かし彫りの金具も手が込んでいます。



11面観音立像               Jyuichimen kannon ryu zou
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W5.5cm     H12.5cm     D4.5cm     厨子外寸


hanarakan7545 2000hanarakan7549 2000hanarakan7550 2000hanarakan7548 2000




詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです
東京都板橋区大谷口上町13-10
Tel 03-5965-0508

↑このページのトップヘ