はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。




時々買い取りのご相談を頂きます。
先日は鎧と大礼服、その前はマイセンとガレでした。
古美術品の世界は広く、買い取りのご相談の中では、
なかなか自分の好きなものと出会えません。

この週末は2件のご相談をいただきました。
お客様に呼ばれ、小倉遊亀の絵を見に行きました。
ご紹介いただいた方と一緒に見に行ったところ、
なんとリトグラフでした。
電話を頂いた時から、
疑うことなく描かれたものと思い込んでいたので、
絵を見ても全く気付きませんでした。
裏側のリトグラフのシールを見るまで、
分からなかった自分が少し恥ずかしく、
反省しながらお宅を後にしました。

そして、2件目は待望の発掘品!

勾玉が二つ!
こちらは直ぐに分かります。
翡翠ではないけれど、うれしい

ありがとうございます!


IMG_3485
      W2.5cm     L3.5cm     D0.6cm  
      W1.7cm     L3.0cm     D0.8cm  

     水晶製勾玉              Magatama rock crystal
     瑪瑙製勾玉         
  Magatama agate
     6世紀 古墳時代      6th century, Kofun period

    


    
      2018.8.7



s-5264








 弥生時代  W10.5cm     D5cm   



石包丁は、稲の穂を刈り取るために用いられた石器です。
二か所の穴は、指を掛ける紐を通すためのものです。
両側からすり鉢状に穿孔されております。

稲作は縄文時代の終わり頃に始められており、
九州北部のような先進地域より、
段階的に稲作が広まっていったそうです。

青森県弘前市の砂沢遺跡は弥生時代前期の遺跡で、
東日本最古の水田跡が見つかっております。
関東平野よりも先に稲作が取り入れられていたことに驚かされます。




価格 35,000

詳細はお問い合わせください


メールフォームは こちらです




2018.5.29

s-5263s-5264

↑このページのトップヘ