はならかんのおすすめ商品やご案内を掲載いたします。写真をクリックすると大きな画像で見られます。

menou6











  5世紀・古墳時代   W2.5cm     L4cm     D1.1cm  





勾玉と言えば、まずひすい製の勾玉を多くの方が連想されるのではないでしょうか。
ひすいが長い間、勾玉の材料として使われてきたことはよくご存じでしょうし、
博物館や美術館で美しいひすい製勾玉をご覧になった方も多いはずです。

ひすい製の勾玉はその多くが弥生時代から古墳時代前半にかけて作られておりました。
ところが、弥生時代の終わり頃から、どういうわけか、
ひすいの代わりにそれ以外の材料も勾玉に使用されるようになります。
弥生時代のガラスに始まり、古墳時代になると碧玉、めのう、水晶、こはくといった、
ひすいではない素材が使われるようになりました。

今回掲載する勾玉もその中のめのうから作られております。
めのうの勾玉は古墳時代前期に生産が始まり、後期以降に大量生産されました。
各地に点在する同じ頃の墳墓や祭祀遺跡から見つかっております。

島根県の出雲大社では平成11~12年に境内の発掘調査が行われ、
古墳時代前期の遺構から形の整っためのう製勾玉が見つかっています。
色合いは透き通るような赤色で、ひすいにも劣らぬ魅力があるようです。

めのうの勾玉には他にも白、黄色、橙などの色調があり、鮮やかな色感はめのう製勾玉の魅力です。
ごく稀に、石目が縞模様や、暈し模様のようにに少し変わった意匠のものも見かけます。

生産地につきましては、奈良県の曽我遺跡と茨城県の烏山遺跡を除くと、
ほぼ出雲周辺にかぎられており、採取された、加工途中の未製品から比較的容易に形の変遷をたどれるそうです。

工房跡の遺跡から、字形状と長方形の未製品が見つかっております。
これは原石を荒割した後の状態なのですが、
どちらも次の工程は腹部の抉りと表面の研磨になります。
腹部の抉り段階での素材の形状によって、
字形状であれば完成品が字状に、長方形ならばの字状になるそうです。
また、古墳時代の中頃を境にこの工程が異なるようで、
その違いにより、おおよその生産時期が分かるとのことです。

字状のめのう製勾玉は古墳時代の前期から中期にかけて生産されており、
形も美しく表面も丁寧に研磨されております。
の字状のめのう製勾玉は古墳時代後期に大量に生産され、
時代が下がるにつれて、表面がやや粗いまま仕上げるものが見られます。








めのう製勾玉           Magatama agate
 5世紀・古墳時代     5th century, midle Kofun period

同時期の瑪瑙製勾玉の出土した遺跡
橿原市一町新沢千塚500号墳
福山市神辺町亀山第1号古墳
城陽市富野中ノ芝 柴山古墳群B2方墳
 
menou7menou1menou2menou3menou4menou5





詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです
東京都板橋区大谷口上町13-10
Tel 03-5965-0508

無題20








普賢菩薩坐像  三尊       
Fugen bosatu za zou san zon
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W7cm     H6cm      D2.8cm     厨子外寸



普賢菩薩は、単独で祀られることもありますが、
大多数が文殊菩薩と共に釈迦如来の脇持に置かれております。
こちらの厨子仏は普賢菩薩を中心にした三尊。
この三尊の形式は見たことがなく、初めて見る組合わせです。

もしかすると、普賢菩薩を無理やり後から付けたものと疑ってしまうところ…。
注意して右隣りの観音像と見比べていただくと、
顔立ちや髻、衣文、瓔珞の作行きに共通点が見られ、
岩座と台座の接合部分も自然なことから、
間違いなくこの三尊形式に作られたようです。

この観音像につきましては、持物が失われておりますが、聖観音菩薩と思われます。
右手には蕾の蓮華を持っていたようです。左手は指先で花弁を摘むように添えられています。
左隣の愛染明王は後ろの六臂、持物も含め一材から彫りだされており、
頭頂の獅子冠にはしっかり五鈷も付いております。

残念ながら、普賢菩薩の両腕が欠損しています。
厨子の扉も傷んでおり、台座の蓮弁につきましてはほとんど剥落しております。

厨子の内寸は幅6.5×高さ5cmですが、この空間によく納まっていると感心します。
小さいながらも、お顔も優しく、ぜひ実物をルーペでご覧いただきたいと思います。

でも、なぜこの三尊なのか理由は分かりません。








詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです
東京都板橋区大谷口上町13-10
Tel 03-5965-0508


無題22無題21L-9608L-9611L-9609無題24


hanarakan7544 2000









11面観音立像              
Jyuichimen kannon ryu zou
17~19世紀 江戸時代   17~19 century Edo period
W5.5cm     H12.5cm     D4.5cm     厨子外寸


腰を軽く捻り、右足を曲げ動きのある姿で表されております。
頭上に10の顔があり、頭頂部の化仏は如来の顔になっております。
あらゆる方向に顔を向け、人々を救済する超人的な能力を具現化した造形とのこと。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     中央にある全身が表された化仏も如来ですが、こちらは頭冠の装飾のようです。

左手に水瓶、右手に数珠を持っております。

金箔の上に透き漆をかけ、厨子も立派な出来栄え。
透かし彫りの金具も手が込んでいます。






hanarakan7545 2000hanarakan7549 2000hanarakan7550 2000hanarakan7548 2000




詳細・価格はお問い合わせください


メールフォームは こちらです
東京都板橋区大谷口上町13-10
Tel 03-5965-0508

↑このページのトップヘ